北九州のニュース いいっちゃclub北九州

謎の料理バカが出版! 「全世界196ヵ国196品の料理」が載った、日本初のレシピ本が圧巻過ぎると話題に! 『全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ』本山尚義 12月16日(土)発売(ライツ社)

「世界中の料理写真が圧巻過ぎ」しかも「スーパーの材料で作れちゃうレシピなんて親切過ぎ」と発売前から話題沸騰。朝日新聞、MBS「ちちんぷいぷい」などに続々取り上げられ、amazonに予約が殺到。専門料理ランキング1位となり瞬く間に在庫切れ。異例の発売前重版が決定しました。

✔️全世界196ヵ国196品の料理が載った、日本初のレシピ本

✔️しかも、そのほとんどが「スーパーの材料で作れる」レシピ
✔️圧倒的な数の料理写真とレシピ、著者の情熱がスゴ過ぎる!と発売前から話題沸騰

■まずは、著者のシェフ本山より一言

こんにちは。神戸在住の料理人、本山です。

ワケあって・・・わたしは30数年の料理人人生を過ごした結果、全世界196ヵ国の料理をつくることができるようになってしまいました。

そして今回、日本で初めてとなる、196ヵ国の料理をすべて掲載したレシピ本を出版することになりました。(※196ヵ国という数字は、現在日本の外務省が国として認めている国家の数です)こちらです。

世界196ヵ国196品の料理をひたすら調理し、すべてを撮影し、レシピに書き起こす。制作期間は丸々1年かかってしまいましたが、おかげさまでamazonに予約が殺到。専門料理ランキングで1位となり、瞬く間に在庫切れ。発売前重版が決定しました。

■どんなレシピ本なのか?

世界196ヵ国、すべての国を旅するのは難しくても、全世界の料理を家庭で作ることはできる。

世界中の料理をレストランで提供し続けてきた料理人がつくった、スーパーの材料で作れる「世界のレシピ」が載った一冊。シェフ本山が世界を旅する中で現地の台所で教えたもらった料理や、日本で暮らす外国人に教わったものを紹介している。

「世界の料理」と聞くと、「現地にしかない調味料や食材がたくさん出てくるんじゃないの?」と思われる方も多いかもしれないが、ご安心を。
この本で紹介するレシピは、「見たこともない料理を、おうちにある食材で簡単につくれる」を考え抜いたもの。近くのスーパーで買える食材や調味料だけでつくっても現地の味に近づくように工夫されている。

■たとえば、こんな料理

  • アルメニア / ごはんを詰めた鶏肉のオーブン焼き「アミチュ」

クリスマスにピッタリの料理。薄くのばした鶏もも肉でバターライスをくるくる包み、オーブンでジューシーに焼き上げた一品。鶏の油と旨みをごはんが全部吸い取った、一皿で大満足のローストチキン。

  • モルドバ / ミルフィーユみたいなポテトサラダ「シュバ」


ジャガイモやゆで卵などを細かく刻んで、ケーキのように具材を型に重ねてつくるポテトサラダ。おしゃれで、味はもちろん美味しい。持ち寄りパーティーなどでつくりたくなる料理

  • ミクロネシア / 豚の生姜焼きよりごはんがすすむ!鶏肉の酢しょうゆ煮込み「チキンアドボ」

にんにくを効かせた酢しょうゆに鶏肉を一晩漬け込んで、あとは煮るだけ。濃い味が口いっぱいに広がり、生姜焼きより白いごはんに合う、みんな大好きなおかず。

  • 南アフリカ / ハンバーグより簡単!手間いらずの肉汁ミートローフ「ポポティー」

ドライフルーツを混ぜ込んだミートローフ。見た目は凝った料理だが、ひき肉のタネを容器に詰めて焼くだけなので、ハンバーグよりかんたん。溢れる肉汁がそのまま最高のソースになっている。

■SNSで反響続々!

  • 「写真見てるだけでお腹空いてくるー!フォト飯テロやな」
  • 「世界料理制覇をやっている人、ネットでは何人か見かけたけど、本にまとめた人は初めて?とりあえず予約。写真がずらりと並んでいるのが壮観。」
  • 「すごいこれ、すごいこれ、すごいこれ!でも、ネットもいいけど、これは本で欲しいかも!」
  • 「写真を全部見て食欲爆発!異国っぽい料理が超食べたい。」
  • 「これすごいなぁ。ページ数も多いし、スーパー食材でつくるというのがなんとも素敵。欲しい。」
  • 「どれも美味しそうすぎる。 お母さんにこの本プレゼントして、作ってもらいたい。」​

世界中の美味しいものを一生のうちに食べ尽くすことができたなら。そんな夢をたった1冊で現実にするレシピ本。

世界の料理への興味は様々だろう。旅行が好きな人、とにかく食べることが好きな人、毎日の料理へのマンネリを解消したい人。ましてや見るのも初めての料理ばかり。だからこそ、どんな人が使っても美味しく仕上がるように、このレシピ本は作られた。

きっと、誰もがまだ見たこともない一皿に、美味しさに、組み合わせに、つくり方に出会えるはずだ。

■本文イメージ

■書籍情報

『全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ』
著者:本山尚義
発行元:ライツ社
定価:1,600円+税
取り扱い:全国書店、ネット書店
Amazonはこちらから:
https://www.amazon.co.jp/dp/4909044108/

著者プロフィール:1966年、神戸市生まれ。フランス料理を修行し、ホテルの料理長になる。27歳のときに訪れたインドでスパイスの魅力に出会い、世界の料理に目覚め、以後世界30ヵ国を巡りながら料理を教わる「旅するシェフ」となる。 帰国後はレストラン「パレルモ」を開き、2010年から2012年には世界196ヵ国の料理を提供するイベント「世界のごちそうアースマラソン」を開催。 現在は、世界の味を家庭で楽しめるレトルトにして販売する「世界のごち

関連記事

  1. キューピーお雛様&えのちゃんちの晩ごはーん  榎本 美江
  2. 5/9(火) 10:00-13:00  MOYAIステーション9…
  3. 介護の働き方改革、アクションを起こしている介護事業者は約6割 ~…
  4. 西日本最大級のシステム農場 花の海はおすすめの場所!石窯で焼く手…
  5. 新発想・新感覚のスキンケア【幸姫(SACHIHIME)】発売のお…
  6. ブッキング・ドットコムがおすすめする知る人ぞ知る“グルメ旅”にピ…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP