おとなの脳トレ

脳の機能は鍛えることで維持できるだけでなく、取り戻すこともできます。脳の機能は脳の神経細胞によるネットワークが重要です。そのネットワークを広げて機能を高めるためには脳への刺激が必要になります。その刺激となるのが脳トレです

65歳以上の高齢者がどんどん増加している日本では、同じように認知症患者も年々増加しています。厚生労働省によると、平成22年度の推計値として65歳以上の認知症有病者はおよそ439万人とされており、65歳以上の高齢者全体の約15%をも占めているのです。そのため、65歳以上の4人に1人が認知症と認知症予備軍とされています。そんな中、介護・認知症予防のために、脳を鍛える「脳トレーニング」が今注目されているます。

①なぜ脳トレが認知症予防になるのか
認知症は脳の萎縮に伴っておこる機能低下が原因です。20歳を過ぎると誰でも脳細胞が減少し、徐々に萎縮が始まります。脳細胞は再生されることがありません。

しかし、脳の機能は鍛えることで維持できるだけでなく、取り戻すこともできます。脳の機能は脳の神経細胞によるネットワークが重要です。そのネットワークを広げて機能を高めるためには脳への刺激が必要になります。その刺激となるのが脳トレです。

脳が働くにはたくさんのエネルギーが必要です。

脳トレを行うと、脳がエネルギーをたくさん使うようになります。そうすると脳に酸素やエネルギーとなる糖を運ぼうと、血液が体内でどんどん循環されていきます。

血液が循環されることで脳だけでなく身体にも酸素と栄養が行き届き、不要なものは血液によって分解・除去される部位まで運ばれていきます。

そのため、脳と一緒に身体も健康で若々しくいられるのです。
逆に脳が働かない状態だと、脳に血液があまり流れていかず、認知機能を低下させ、認知症になる、または認知症を悪化させてしまうこともあるのです。
なので、脳トレは、そんな認知症を避けるためや、認知症が悪化しないようにするために必要なトレーニングなのです。脳が働くにはたくさんのエネルギーが必要です。そのため、脳が働いている時には、たくさんの血液が脳に流れ酸素と糖が運ばれます。たくさんの血液が流れる事で、脳の機能の低下を防ぎ、若々しさを保っていられます。反対に、脳を働かせていなければ、血流も悪くなり、脳の栄養である酸素や糖が運ばれず、認知機能も低下してしまうという事になります。認知機能の低下は、認知症に繋がるので、認知症予防や認知症の症状悪化を防ぐためにも、脳を働かせるという事は大事なのです。

②認知症と物忘れの違い
60歳前後になると、物忘れを感じる人が多いと思います。何かを忘れてしまう、思い出せないという症状から認知症ではないかと心配してしまうこともあるでしょう。

しかし、認知症と物忘れの症状にははっきりとした違いがあります。

例えば、お昼ご飯に何を食べたのか思い出そうとしても、出てこないことがあると思います。

これは年齢に伴う物忘れです。

認知症では、お昼ご飯を食べたこと自体を忘れてしまいます。思い出そうとするとき、考えるときに脳は刺激を受けて活発に働きます。

認知症でも物忘れでも刺激によって脳を活性化させ、機能の維持を心掛けましょう。

③脳の認知機能について
脳には、
・記憶する
・時間や場所を認識する
・計算をする
・読み書きをする
・言葉を話す
・道具などを使いこなす
・物事の善し悪しを判断する
・出来事などを理解する
などの機能があり、これらを認知機能と言います。脳は生まれてから20歳ごろまでどんどん発達しますが、20歳を超えると発達は止まってしまいます。そして発達が止まった脳は、年と共に少しずつ小さくなっていき、認知機能も徐々に低下していきます。ただ、物事を理解したり判断したりする機能は、80歳くらいまで低下はしないとされています。

認知症予防のための脳トレいろいろ ↓↓画像をclick!

関連記事

  1. 今日からできる認知症予防:体重編 ①②
  2. 「大人の塗り絵」の次は 「削るお絵描き」スクラッチアート。慌ただ…
  3. 認知症は治る時代に!米国で9割が改善した最新治療プログラム「リコ…
  4. シニアにも大人気!!【Android対応】 タブレット入門テキス…
  5. おもしろクイズ問題10問勝負!楽しく頭をほぐしましょう!   p…
  6. 生活習慣病アイキャッチ 今日からできる認知症予防:生活習慣病編|元気人

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP