北九州のニュース いいっちゃclub北九州

スペースワールドの「月の石」いまも北九州で見られますよ

北九州市のスペースワールドで展示されていた「月の石」は、2017年12月の閉園に伴い、米航空宇宙局(NASA)に返却されていました。

 「月の石」は、国内では国立科学博物館(東京・上野)と本市の2ヶ所でしか展示されていない希少なもので、北九州市民をはじめ多くの観光客や修学旅行客からもスペースワールドの閉園とともに惜しまれていました。 

 本市は、子どもたちの宇宙への夢やあこがれのシンボルとして、「月の石」を再び展示できるようNASAと協議を続けてきたところ、今回、スペースワールドに展示されていた「月の石」(1969年にアポロ12号が採取した実物)を再び展示できることとなりました。

 ぜひ、この機会にご来場ください。

展示場所

いのちのたび博物館 1階 地球誕生コーナー

 (八幡東区東田二丁目4番1号)

関連リンク

このページの作成者

子ども家庭局子ども家庭部青少年課

関連記事

  1. 超高齢社会におけるソーシャルワーカーの役割」 ~著しい高齢化が進…
  2. 産後の骨盤ケア年齢は幅広くどなたでも  今回は20年のオリジナル…
  3. 新しい朝の定番!?「パン×昆布つくだ煮」で作ろう!『パンつくレシ…
  4. 市政55周年を迎える北九州で、4年連続開催! 本日の記者発表会に…
  5. 「50歳から住みたい地方ランキング」を発表!全国1位は「福岡県 …
  6.   筑前六宿の一つであった木屋瀬宿。宿場の雰囲気を今も残す家並み…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP