おとなの美味しい情報

ワインに詳しい人、どう思う?「いろいろ教えてほしい」「かっこいい」「頼りになる」 ~ビジネスシーンの教養としてワインの知識は必要だと思う48.0%~

株式会社バザールが運営するワイン情報サイト「ワインバザール」はワインを「月1回以上」飲むと答えた 20歳以上の男女200人を対象に、「ワインの知識」に関する調査を実施。ワインバザールにて調査レポート(http://wine-bzr.com/topic/report/11972/)を公開しました。

photo by pixta.jp

【調査のポイント】

  • 「ビジネスシーンの教養としてワインの知識は必要だと思う」男女共に48.0%
  • ワインに詳しい人の印象は? 「いろいろ教えてほしい」「かっこいい」「頼りになる」

【調査詳細】
 身近にワインに詳しい人はいますか? ワインは特に古くから飲まれているお酒のひとつでもあり、紀元前より世界のさまざまな国で親しまれているそうです。歴史だけでなく、種類や味、生産地や生産者、ぶどうの品種や飲み方、料理との相性まで、まつわる知識は膨大です。
 もちろん知識がなくとも楽しめますが、知っているとさらに味に深みが増すことも。ワインについていろいろと教えてくれる人が身近にいると、面白いかもしれません。

■「ビジネスシーンの教養としてワインの知識は必要だと思う」男女共に48.0%

 プライベートで楽しむだけでなく、ビジネスのシーンでワインを飲む機会も多いのではないでしょうか。高級レストランでなくとも、近ごろではちょっとした会合やパーティーなど、いろいろな場面で気軽にワインが登場します。時にはワインの話題で会話に花が開くことも。ビジネスシーンにおいて教養としてのワインの知識は必要でしょうか。
 男性も女性も48.0%が「必要だと思う」と回答しています。男女による考え方に大きな差はなく、ビジネスの場でワインの知識が必要だと思う人が、半数いるということが分かりました。

■ワインに詳しい人の印象は? 「いろいろ教えてほしい」「かっこいい」「頼りになる」

 身近にワインに詳しい人がいたらどう感じますか? ポジティブな印象でしょうか、それともネガティブな印象でしょうか。
 「いろいろ教えて欲しい」(男性:28.0%、女性:34.0%)と答えた人が、男女共に最も多い結果となりました。2位は「かっこいい」(男性:26.0%、女性:31.0%)、3位は「頼りになる」(男性:21.0%、女性:28.0%)でした。上位5位まで全てポジティブなイメージが並んでいます。「苦手」(男性:11.0%、女性:13.0%)に感じる人は実際には少ないようです。

【調査方法】
調査方法:インターネット調査
調査対象:ワインを「月1回以上」飲むと答えた 20歳以上の男女 200名
集計期間:2019年2月12~17日

※転載・引用について※
本調査レポートの内容については、ご自由に転載・引用いただいて構いません。転載・引用時には、必ず「ワインバザール調べ」などのクレジットを明記いただき、ワインバザールのWebサイト(http://wine-bzr.com/topic/)へのリンクを貼っていただけると幸いです。 

【ワインバザール 概要】
ワインバザールhttp://wine-bzr.com/topic/

ワインバザールは、世界各国の産地に関する情報、ワイン関連のニュースやコラム、用語説明など、ワインに関するあらゆる情報を掲載しております。

1人でも多くの方にワインに関する情報をお届けしたい――そんな想いからワインバザールは生まれました。

近年ではワインを楽しむ方が急増しておりますが、一方でワインに関する専門情報はまだ不十分であると感じております。すでにワインの知識が豊富な方はもちろんのこと、ワインへ興味がある全ての方への有益なサイトとなれるよう、運営を行ってまいります。

関連記事

  1. 発酵緑茶と発酵だしつゆで食べる海鮮お茶しゃぶお取り寄せ
  2. 【リーガロイヤルホテル小倉】飲み放題・食べ放題・時間制限無しの恒…
  3. 2019年トレンドのチーズグルメの大本命チェダーチーズソースとジ…
  4. 長崎県壱岐島 重家酒造 横山蔵 日本で一番新しい日本酒̶…
  5. お取寄せ専門サイト【おとなの週末】よりお歳暮特集
  6. ~大阪王将メニューコンテスト グランプリ受賞作品~「焼きクリーム…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP