北九州のニュース いいっちゃclub北九州

階段は「上る」より「下りよう」! 書籍『階段を「下りる」人はなぜ寝たきりにならないのか?』が本日発売 認知症の権威が、健康習慣を新提案!

株式会社小学館集英社プロダクション(東京都千代田区神保町/代表取締役:都築伸一郎)は、『階段を「下りる」人はなぜ寝たきりにならないのか?』を4月18日(木)に発売しました。

「階段を下りる」ことの健康的メリットを徹底解説
健康のためには、エスカレーターなどを使わず、階段をできるだけ上るほうがいい。これはよく知られている健康習慣ですが、上りか下り、どちらか一方を高齢者が寝たきりを防ぐという観点で選ぶとするなら、「私は下りを推奨する」と著者の白澤卓二先生はいいます。その理由、健康的メリットを徹底的に解説します。

足腰を鍛えるだけではない! 階段を「下りる」効果はさまざま
階段を下りる効果は、筋力が鍛えられるだけではありません。たとえば、成長ホルモンが分泌されることによって肌の若返りが期待できます。また、筋力が高まることによって、DHEAというホルモンが増加。これによって免疫力や記憶力のアップにも役立ちします。ほかにも、糖尿病の予防や脳の老化の防止なども期待できるなど、さまざまなメリットを紹介します。

寝たきりや認知症の予防に、特別なトレーニングは不要
寝たきりを防ぐには、まず転ばないことが大切。そのためには体を動かすことが必要です。しかし、ジムに通ったり、厳しいプログラムをこなすなど特別なトレーニングは必要ありません。階段を下りること以外にも、布団の上げ下ろしや雑巾がけなど、日常生活でのちょっとした行動を意識、習慣づけるだけで、加齢による健康障害を予防できることを提案しています。

【著者プロフィール】
白澤 卓二
お茶の水健康長寿クリニック院長。医学博士。専門は、寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学など。日本のアンチエイジング研究の第一人者。著書は『100歳までボケない101の方法』(文藝春秋)、『アルツハイマー病が革命的に改善する33の方法』(飛鳥新社)など300冊を超える。テレビの健康番組、雑誌、各企業誌などでのわかりやすい老化防止解説が好評を博している。

『階段を「下りる」人はなぜ寝たきりにならないのか?』
著者:白澤 卓二
定価:本体1,200円+税
仕様:A5判・並製・112頁・本文1色
発売日:2019年4月18日(木)頃
ISBN:978-4-7968-7775-6
発売元:小学館集英社プロダクション
http://books.shopro.co.jp/?contents=9784796877756

関連記事

  1. 【現代人は『免疫が”老化”する』傾向あり】多くの女性が感じている…
  2. 河内藤園の入園に関するお知らせ
  3. ローソンフレッシュ初めてご購入の方限定の、成城石井人気商品や大地…
  4. 女性審査員による日本最大級のワイン審査会『Japan Women…
  5. 認知症予防  ものわすれ外来とは?
  6. 【岡山県】観光で岡山を元気に 第2弾!! 新たな「宿泊クーポン」…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP