介護情報 

65歳以上の高齢者なら要介護認定されていなくても「介護予防生活支援サービス事業」及び「一般介護予防事業」を利用いただくことができます。

在宅サービスを利用するときは、介護(予防)サービス計画の作成が必要です。
要介護1~5と認定された人は、居宅介護支援事業者(ケアマネジャー)に、要支援1・2と認定された人は、地域包括支援センターに依頼し、介護(予防)サービス計画を作成してもらう必要があります。

※介護(予防)サービス計画の作成に本人の費用負担はありません。

介護(予防)サービス計画の作成を依頼する事業者などが決まったら、住所地の区役所介護保険係に「居宅サービス計画作成依頼届出書」または「介護予防サービス計画作成依頼届出書」を保険証と一緒に提出してください。

※介護(予防)サービス事業者と契約するときは、事業者から重要事項説明書の交付を受け、詳しい説明を必ず受けてください。

【介護予防・生活支援サービス事業】

  • 介護保険事業所が行う従来の保険給付に相当するサービスである「予防給付型」
  • 介護保険事業者及びその他多様な担い手が参画できる「生活支援型」
  • より介護予防に重点をおいた「短期集中予防型」

【一般介護予防事業】

  • 65歳以上の高齢者が利用できる「一般介護予防事業」もあります。

北九州市短期集中予防型サービス事業について

 平成30年度から、介護予防・生活支援サービス事業について、「予防給付型」及び「生活支援型」に加えて、より介護予防に重点をおいた「短期集中予防型」を開始しました。

一般介護予防事業について

介護予防・日常生活支援総合事業では、予防給付型や生活支援型のサービス以外に、65歳以上の方であれば誰でも参加できる様々な介護予防プログラムを実施しています。以下のページをご参照ください。

関連リンク

関連記事

  1. ポラリスが神戸市と「高齢者が生き生き暮らす神戸モデル」作成 ~…
  2. 社会に貢献したい人のためのニュースアプリ「Social Post…
  3. 筑豊エリアに待望の初出店!北九州のソウルフード「資さんうどん 飯…
  4. 世界累計1,500万部ヒット作家の最新作! 『世界を救う100歳…
  5. “男性登録者が約6割を占めるデイサービス”   【日総研出版「通…
  6. 福岡・嘉穂劇場の芝居小屋音楽フェスGOTTON JAMにSANA…

最新情報

北九州の終活・介護・葬儀を知る

ジャンルで探す

おとなを楽しむ! おすすめ記事

ご両親への親孝行ナビ

アンチエイジングを学ぶ

おとなのお金情報

PAGE TOP